バケタンブログx中村桜コラボレーション企画「ソフビができるまで」その⑫最終回

前回、大興奮のスラッシュ成形作業から産まれたソフビ成形品。

このままでもとても愛おしいですが、
気持ちを落ち着かせ、いざ、組み立て作業に入ります。

テンションがなかなか戻らない桜さんの図。
0060.jpg

まずはバリ(不必要な箇所)をカットします。
0061.jpg

カット完了!
0062.jpg

そして、上胴のカンチャク(凸部分)を下胴の凹部分にさしこみ…!
0063.jpg

完成ーッ!
0064.jpg

やったーーーッ!!!
0065.jpg

まだまだーッ!
0076.jpg

うおおおおッ!
0066.jpg

どんどん作るよー!
0067.jpg

ジャーン!金型あるからいくつでも作れるよー!(^ν^)
0068.jpg

勢い余って蓄光ゾルでも成形したよー!光るさくらさんー!
0069.jpg

夜の集会ー!夜露四苦ー!(^ν^)
0070.jpg

ふう!

結局変なテンションになってしまいましたが、
そんなこんなで無事きれいなソフビ人形が出来ました…!
名付けて「サクランニャン号」

達成感!非常に感慨深いです!

サクランニャン号は、今後商品として頒布予定です。
リリースの際はまた改めて告知致しますので、
続報をお待ち頂けたら幸いです!
何卒宜しくお願い致します!

そしてそして、それだけではなく…

皆さん覚えていらっしゃいますでしょうか。
一番最初の桜さんとのコラボキャラ!

スクリーンショット 2018-04-02 9.47.33
こちらもなんと完成しております!

ジャン!
0072.jpg

名付けて「スーパーさくら」!ツナギのニクい女の子!
0073.jpg

バイザーは可動式でフルフェイスに!
0074.jpg

バリで遊ぶスーパーさくら!
0075.jpg
とっても可愛い仕上がりです!
いろんなカラーウェイを作りたくてウズウズしております!
こちらも続報をお待ち頂けたら幸いです!
お楽しみに!(^ν^)

さて…!
フルスクラッチからの原型製作、金型取材、そして成形、
桜さんは長い期間をかけてソフビが出来るまでの全てを完走しました!
桜さん、いかがでしたでしょうか(^ν^)

〜桜さんからのコメント〜
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
企画スタートから1年とちょっと。
ついに、ついに、完成しましたーー!!!!
ソフビってにぎにぎしたり外に持って行って戦わせたり、
コンクリートに投げたり割と雑に扱っていたのですが(子供の頃談)、
こんなにもたくさんの工程があり1つ1つの作業が細かいことに驚きました。
金型の製作過程にも関わらせてもらうことができて、
ものづくりの知識が一つ深まった気がします。
ソフビは日本の伝統工芸品です……っ!!
おもちゃ屋さんやワンフェスなどでソフビの見方が
ちょっと変わるかも…?第1号を産んだ時は感動のあまり
嬉しくてずっと唸ってました。作るは楽しい、遊べたらもっと楽しい!
お手元にお迎えしてもらって、
たくさん遊んでもらえたら嬉しいです(^ ^)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

桜さん、本当にありがとうございました!
一緒にソフビが作れてとても楽しかったです!
趣味が高じられて、なんでもすんなりできてホントに器用でした、、、!

これからもこの感動を忘れず、
バケタンブログは日々楽しいソフビ人形を作って参ります!

今後とも何卒宜しくお願い致します!
そして、最後までご覧になってくださった皆様、
ありがとうございました!(^ν^)

2017-12-21 15.59.18

バケタンブログx中村桜コラボレーション企画「ソフビができるまで」その⑪

前回とうとう完成した金型。
今回は、とうとう成形をしていきます!

待ちに待った成形作業ー!
わー何色のソフビにしようかな。
桜さんのソフビなので桜色にしましょう(^ν^)

成形手順その①:金型にソフビ原料であるゾルを入れます。

とろとろとろー。
0044.jpg

入った入った。
0045.jpg

成形手順その②:ゾルの中の気泡をつぶします。

注いだゾルの中には、まだまだ細かい気泡がたくさんあります。
これをつぶさないと、気泡が残ったままソフビが焼き上がり、
ブツブツでみっともなくなります。

そんなときにはコレ!

ジャン!遠心脱泡機〜!(^ν^)
0046.jpg

こうやって、ゾルを入れた金型を中心にセットして、
0047.jpg

ゴオーッと回転!
0048.jpg
ゾルは遠心力によって奥まで押し込まれ、
気泡はキレイに抜けていきます。便利ですね!
ちょっと怖い気もしますね…!(^ν^)


成形手順その③:仮焼き

金型の中の気泡を抜ききったので、
今度はそのまま180℃ほどに熱された油槽に数秒間漬けます。
0049.jpg

そして金型を引き上げ、ひっくり返し、中のゾルを取り出します。
0050.jpg
とろとろとろ〜。(ちなみに流したゾルは再利用できます)

ジャン!油槽で熱されて表面が固形化したゾルが、
薄皮一枚になって残っています。
0051.jpg
この薄皮一枚がゆくゆくソフビ人形になるわけです。すごいですね!
ちなみに、仮焼きする秒数によって、薄皮の厚さが変わります。
油槽に長く漬けると厚くなり、短く漬けると薄くなります。

成形手順その④:本焼き

仮焼きして残った薄皮一枚を、再度油槽に漬けます。
今度は中まで充分に熱が伝わるようにフタもして、
2分ほど充分に良く熱します。
0052.jpg

充分に熱したら、油槽から引き上げて、
0053.jpg

冷たい水が張られた水槽につけ、ジュッと冷まします。
0054.jpg

そして金型を十手に差し込んで固定し、
0055.jpg

まだ熱くてふにゃふにゃの薄皮を、ヤットコでしっかりつかみ、
中身を取り出します。
0056.jpg

ポンッ!!!!!(いい音)
0057.jpg
うそっ、ソフビ桜さんバンザイして出てきたw

フオオオオオオオッ!!!!!感動の瞬間!!!!!
0058.jpg
新しいソフビ人形がこの世に産まれる瞬間。
まさに一番テンションがあがる瞬間です…!

車もキレイに抜けたよー!
0059.jpg
二つとも、とてもキレイに抜けました!

このような流れが、長き伝統と歴史を誇る、
スラッシュ成形の一巡になります。
薄皮を抜いた後の金型は、
特に掃除などの後処理は必要とせず、
そのまま再びゾルを入れて、脱泡し、仮焼きし、
という感じで、延々と成形を繰り返すことができ、
どんどんどんどんソフビ人形は増え続けます!(^ν^)

とてもシンプルな工程ですね。
ですが、この非常に簡略化された工程の中に、
量産に特化したソフビ玩具産業の歴史の重みを感じます。

次回はいよいよソフビの組立、そして完成へ…!
感動の最終回!はたしてキレイに組み上がるのかしら!

お楽しみに…!(^ν^)

バケタンブログx中村桜コラボレーション企画「ソフビができるまで」その⑩

金型製作その③:フライパンへの取り付け作業

金型製作、いよいよ最終段階です!

ロウ型を湯煎で溶かしだし空洞になった金型から、
内側に残っている銀鏡を薬品で剥がし、銅のみになりました。

とても綺麗な銅色。
0038.jpg

それをフライパンに溶接し、、、
0039.jpg

キレイに成形できるよう、金型内側を薬品でツヤッツヤにして、、、
0040.jpg

金型の完成〜〜!!!
0041.jpg

スゴーイ!!
0042.jpg

ほらほら、裏もー!
0043.jpg
大分遠くまできた感じがしますね。とても感慨深いです。

ですが、ここがゴールではございません。
ソフビができるまでその②で図解しましたように、
この金型からソフビ人形を成形していくのです!

そんなこんなで次回はついに!!!!!
ソフビ成形をやっていきますーー!!!!!(^ν^)

無事にキレイに出来るのでしょうか…!超ドキドキです!!
お楽しみに…!!!!!

バケタンブログx中村桜コラボレーション企画「ソフビができるまで」その⑨

前回に引き続き、カミジョー様にて金型製作をやっております!

ロウ型ちゃん。。。この後どうなるのかしら。。。(^ν^)
0025.jpg

 

金型製作その②:銀鏡液吹きつけ〜電気鋳造

 

ロウ型の湯口に、グルグルと銅線を巻き付けられてます。
0024.jpg

ふむふむ。
0026.jpg

おお〜。
0027.jpg

おお〜〜〜。
0028.jpg
突然のアットホーム!うーんカミジョーさんところで働きたい(^ν^)

この後、ロウ型に銀鏡液を吹き付けます。プシュー。
0029.jpg

さくらさんは銀の膜に包まれました。
0030.jpg

その銀の膜に包まれたさくらさんは・・・
0031.jpg

硫酸銅の槽に沈んでいくのでした。
0032.jpg

 

この一連の作業を「電気鋳造」といい、電気の力を利用して、
槽内にある銅の粒子を、ロウ型側にどんどん付着させていき、
結果、厚い銅の膜ができるという金型製造法の一つになります。

この厚い銅の膜が、金型になるわけですね。

少しずつ、少しずつ、銅が付着していくので、
入槽して5〜6日、じっくりと待ちます。

 

そして、数日後〜

ジャン!
0033.jpg
ロウ型の廻りに銅の膜が出来ました!

0034.jpg
重い〜!

その後、ノコギリで不要な部分をカットし…
0035.jpg

湯煎で中のロウを溶かして出します。
0036.jpg

うわー!さくらさーん!(のロウ型)(^ν^)
0037.jpg
ロウ型、とっても良くできていたので、
ちょっともったいない気もしますね。。。

それにしても電気鋳造すごい!

僕らが幼い頃に遊んだ怪獣のソフビなども、
このようにひとつひとつ金型が作られていたことを考えると、
非常に感慨深いですね。目の前で歴史を見ているようです(^ν^)

そしていよいよ次回、金型の完成です!
長かった旅も終わりが見えてきました!お楽しみに!(^ν^)

バケタンブログx中村桜コラボレーション企画「ソフビができるまで」その⑧

ジャン!
0011.jpg
金型製作をお願いするため、株式会社カミジョー様に行って参りました!

株式会社カミジョー様は、なんと明治時代からある金型製造会社で、
非常に歴史のある会社様でございます。
バケタンブログは、最初のソフビであるママンの制作時から、
親身に相談に乗って頂いております。
いつも本当にありがとうございます、、、!

そして今回の依頼に伴い、なんと、

金型が出来るまでの工程を全て拝見させて頂けることになりました!

お忙しいところ本当にありがとうございます!
0012.jpg
今回、上條社長(写真左)直々にご案内頂き、拝見させて頂きました。

金型を製作するにあたり、工程を順を追って行きたいと存じます。

 

金型製作その①:「ロウ型」の作成

 

まずは金型製作に必要なロウ型を作成します。
ロウ型を作る為には、まずは原型にシリコンを流し反転型を作成します。
こちらがその反転したシリコン型になります。
0013.jpg
まるで「積もった雪にダイブした桜さん」のようですね(^ν^)
(※シリコン型は予めカミジョー様に作って頂いてました)

こちらに、熱して液状になったロウを流し込みます。
0014.jpg
どろどろどろー。

流したあと、冷めて固体化するのを待ちます。

できたかな?そーっと開いてみてみます。
0015.jpg

パカッ
0016.jpg

上手に抜けました(^ν^)
0019.jpg

こんなにキレイに抜けるものなのですね!シリコン型超すごい!
0018.jpg

 

その後、かたどったロウにカンチャクを取り付けます。
カンチャクというのは、成形したソフビ同士をはめ込むためのデッパリです。

※カンチャクにつきまして、
くわしくは「ソフビが出来るまでその②」をごらんくださいませ。

このカンチャクの形状やサイズをきめるのはとてもシビアな作業です。
カンチャクが小さいと、渋みがなく、すぐに外れてしまい、
逆に大きいと、はめ込むのが困難になり、
強引にはめようとするとせっかく作ったソフビの形状が歪んでしまいます。

カンチャクはカミジョー様の長年の経験と技術から算出されて、
取り付けられていくのです。
(ということでカンチャク作成作業は大事な技術なのでスキップ(^ν^))

ジャン!
0020.jpg
カンチャクと湯口部分が取り付けられ、ロウ型のできあがり!!
0021.jpg
ふおおーー

0022.jpg
ロウになってもかわいいさくらさん

0023.jpg
下部パーツになるネコオープンカー

 

完成したロウ型。
ここからどうやって金型になるのでしょうか。
とても気になるところです!

そんなこんなで次回をお楽しみに、、、!(^ν^)

アストロノートママンマン追加生産につきまして

アストロノートママンマン、ご購入誠にありがとうございました。
お陰様で製作した分完売致しました。

今回ご購入頂けられなかった方が多くいらっしゃった為、
弊社工房と相談しまして、
より多くの方にお手にとってもらいたく、
追加生産分の予約販売を行う運びとなりました。

日本時間の2018年10月1日(月)21時より、
2018年10月2日(火)15時まで受付いたします。

日本国内への発送はバケタンブログショップで
http://shop.baketanblog.com/
海外への発送はアネックスで
https://baketanblog.bigcartel.com/

※弊社リソースの都合上、数量に限りがございますので
予定より早く締め切らせて頂く可能性がございます。
大変恐れ入りますが、何卒ご了承の程宜しくお願い致します。

About the astronaut Mamanman

thank you for your support.
Pre-made stocks were sold out.

We consulted with the Baketan Factory.
We will Pre-ordering additional productions for many people who could not buy this time.

[Astronaut MAMANMAN Pre-order SALE]
Available time
From 21 o’clock on October 1, 2018 in Japan time,(Today!)
End of 15 o’clock October 2, 2018.

In Japan is a Baketan blog shop
http://shop.baketanblog.com/
Overseas are annex
https://baketanblog.bigcartel.com/

Receive orders to factory manufacturing limits
There is a possibility of ending at an early date.

Thanks.

バケタンブログx中村桜コラボレーション企画「ソフビができるまで」その⑥

【バケタンブログx中村桜コラボソフビの原型製作編】

ある程度形状もハッキリしてきたので、
いよいよ詰めの作業にはいります!

ジャーン。さくらさんはハンドピースをかまえた。
0001.jpg

プシュープシュー。
0002.jpg

なんと原型はグレーになった!
0003.jpg
表面にサーフェイサーを吹くとグレーになり、
陰影がわかりやすくなりました。
ここからさらに欠けているところを埋めたり、
パテを盛ったりして、形状を理想に近づけていきます。

表面仕上げ用のラッカーパテをペトペト。
0004.jpg
フフフ、石化したさくらさんみたい。

根気よくシュッシュッ。
0005.jpg

八音さんのアドバイスをもとに、真剣にチェックするさくらさん。
0006.jpg

一通り調整をしたら、またサフを吹いて、気になるところをさらに調整。
0007.jpg

そしてまたサフを吹いて、少しずつ理想のかたちに近づいていき…
0008.jpg

上半身の完成ー!(^ν^)ヤッター!
0009.jpg
可愛くて愛にあふれた、良いソフビになりそうです!

引き続き下胴部のオープンカーを作って参ります!
ひとまず上半身完成!お疲れ様でしたさくらさん!(^ν^)
0010.jpg