バケタンブログx中村桜コラボレーション企画「ソフビができるまで」その⑪

前回とうとう完成した金型。
今回は、とうとう成形をしていきます!

待ちに待った成形作業ー!
わー何色のソフビにしようかな。
桜さんのソフビなので桜色にしましょう(^ν^)

成形手順その①:金型にソフビ原料であるゾルを入れます。

とろとろとろー。
0044.jpg

入った入った。
0045.jpg

成形手順その②:ゾルの中の気泡をつぶします。

注いだゾルの中には、まだまだ細かい気泡がたくさんあります。
これをつぶさないと、気泡が残ったままソフビが焼き上がり、
ブツブツでみっともなくなります。

そんなときにはコレ!

ジャン!遠心脱泡機〜!(^ν^)
0046.jpg

こうやって、ゾルを入れた金型を中心にセットして、
0047.jpg

ゴオーッと回転!
0048.jpg
ゾルは遠心力によって奥まで押し込まれ、
気泡はキレイに抜けていきます。便利ですね!
ちょっと怖い気もしますね…!(^ν^)


成形手順その③:仮焼き

金型の中の気泡を抜ききったので、
今度はそのまま180℃ほどに熱された油槽に数秒間漬けます。
0049.jpg

そして金型を引き上げ、ひっくり返し、中のゾルを取り出します。
0050.jpg
とろとろとろ〜。(ちなみに流したゾルは再利用できます)

ジャン!油槽で熱されて表面が固形化したゾルが、
薄皮一枚になって残っています。
0051.jpg
この薄皮一枚がゆくゆくソフビ人形になるわけです。すごいですね!
ちなみに、仮焼きする秒数によって、薄皮の厚さが変わります。
油槽に長く漬けると厚くなり、短く漬けると薄くなります。

成形手順その④:本焼き

仮焼きして残った薄皮一枚を、再度油槽に漬けます。
今度は中まで充分に熱が伝わるようにフタもして、
2分ほど充分に良く熱します。
0052.jpg

充分に熱したら、油槽から引き上げて、
0053.jpg

冷たい水が張られた水槽につけ、ジュッと冷まします。
0054.jpg

そして金型を十手に差し込んで固定し、
0055.jpg

まだ熱くてふにゃふにゃの薄皮を、ヤットコでしっかりつかみ、
中身を取り出します。
0056.jpg

ポンッ!!!!!(いい音)
0057.jpg
うそっ、ソフビ桜さんバンザイして出てきたw

フオオオオオオオッ!!!!!感動の瞬間!!!!!
0058.jpg
新しいソフビ人形がこの世に産まれる瞬間。
まさに一番テンションがあがる瞬間です…!

車もキレイに抜けたよー!
0059.jpg
二つとも、とてもキレイに抜けました!

このような流れが、長き伝統と歴史を誇る、
スラッシュ成形の一巡になります。
薄皮を抜いた後の金型は、
特に掃除などの後処理は必要とせず、
そのまま再びゾルを入れて、脱泡し、仮焼きし、
という感じで、延々と成形を繰り返すことができ、
どんどんどんどんソフビ人形は増え続けます!(^ν^)

とてもシンプルな工程ですね。
ですが、この非常に簡略化された工程の中に、
量産に特化したソフビ玩具産業の歴史の重みを感じます。

次回はいよいよソフビの組立、そして完成へ…!
感動の最終回!はたしてキレイに組み上がるのかしら!

お楽しみに…!(^ν^)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中