バケタンブログx中村桜コラボレーション企画「ソフビができるまで」その⑨

前回に引き続き、カミジョー様にて金型製作をやっております!

ロウ型ちゃん。。。この後どうなるのかしら。。。(^ν^)
0025.jpg

 

金型製作その②:銀鏡液吹きつけ〜電気鋳造

 

ロウ型の湯口に、グルグルと銅線を巻き付けられてます。
0024.jpg

ふむふむ。
0026.jpg

おお〜。
0027.jpg

おお〜〜〜。
0028.jpg
突然のアットホーム!うーんカミジョーさんところで働きたい(^ν^)

この後、ロウ型に銀鏡液を吹き付けます。プシュー。
0029.jpg

さくらさんは銀の膜に包まれました。
0030.jpg

その銀の膜に包まれたさくらさんは・・・
0031.jpg

硫酸銅の槽に沈んでいくのでした。
0032.jpg

 

この一連の作業を「電気鋳造」といい、電気の力を利用して、
槽内にある銅の粒子を、ロウ型側にどんどん付着させていき、
結果、厚い銅の膜ができるという金型製造法の一つになります。

この厚い銅の膜が、金型になるわけですね。

少しずつ、少しずつ、銅が付着していくので、
入槽して5〜6日、じっくりと待ちます。

 

そして、数日後〜

ジャン!
0033.jpg
ロウ型の廻りに銅の膜が出来ました!

0034.jpg
重い〜!

その後、ノコギリで不要な部分をカットし…
0035.jpg

湯煎で中のロウを溶かして出します。
0036.jpg

うわー!さくらさーん!(のロウ型)(^ν^)
0037.jpg
ロウ型、とっても良くできていたので、
ちょっともったいない気もしますね。。。

それにしても電気鋳造すごい!

僕らが幼い頃に遊んだ怪獣のソフビなども、
このようにひとつひとつ金型が作られていたことを考えると、
非常に感慨深いですね。目の前で歴史を見ているようです(^ν^)

そしていよいよ次回、金型の完成です!
長かった旅も終わりが見えてきました!お楽しみに!(^ν^)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中