バケタンブログx中村桜コラボレーション企画「ソフビができるまで」その⑧

ジャン!
0011.jpg
金型製作をお願いするため、株式会社カミジョー様に行って参りました!

株式会社カミジョー様は、なんと明治時代からある金型製造会社で、
非常に歴史のある会社様でございます。
バケタンブログは、最初のソフビであるママンの制作時から、
親身に相談に乗って頂いております。
いつも本当にありがとうございます、、、!

そして今回の依頼に伴い、なんと、

金型が出来るまでの工程を全て拝見させて頂けることになりました!

お忙しいところ本当にありがとうございます!
0012.jpg
今回、上條社長(写真左)直々にご案内頂き、拝見させて頂きました。

金型を製作するにあたり、工程を順を追って行きたいと存じます。

 

金型製作その①:「ロウ型」の作成

 

まずは金型製作に必要なロウ型を作成します。
ロウ型を作る為には、まずは原型にシリコンを流し反転型を作成します。
こちらがその反転したシリコン型になります。
0013.jpg
まるで「積もった雪にダイブした桜さん」のようですね(^ν^)
(※シリコン型は予めカミジョー様に作って頂いてました)

こちらに、熱して液状になったロウを流し込みます。
0014.jpg
どろどろどろー。

流したあと、冷めて固体化するのを待ちます。

できたかな?そーっと開いてみてみます。
0015.jpg

パカッ
0016.jpg

上手に抜けました(^ν^)
0019.jpg

こんなにキレイに抜けるものなのですね!シリコン型超すごい!
0018.jpg

 

その後、かたどったロウにカンチャクを取り付けます。
カンチャクというのは、成形したソフビ同士をはめ込むためのデッパリです。

※カンチャクにつきまして、
くわしくは「ソフビが出来るまでその②」をごらんくださいませ。

このカンチャクの形状やサイズをきめるのはとてもシビアな作業です。
カンチャクが小さいと、渋みがなく、すぐに外れてしまい、
逆に大きいと、はめ込むのが困難になり、
強引にはめようとするとせっかく作ったソフビの形状が歪んでしまいます。

カンチャクはカミジョー様の長年の経験と技術から算出されて、
取り付けられていくのです。
(ということでカンチャク作成作業は大事な技術なのでスキップ(^ν^))

ジャン!
0020.jpg
カンチャクと湯口部分が取り付けられ、ロウ型のできあがり!!
0021.jpg
ふおおーー

0022.jpg
ロウになってもかわいいさくらさん

0023.jpg
下部パーツになるネコオープンカー

 

完成したロウ型。
ここからどうやって金型になるのでしょうか。
とても気になるところです!

そんなこんなで次回をお楽しみに、、、!(^ν^)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中